「水」の硬度について

「水」の硬度について

水には「硬度」という基準があります。その値により、『軟水』『硬水』に分類されます。
「硬度」とは、水に含有される、カルシウム、マグネシウムの濃度により算出がされます。
が、算出基準については国により若干の違いがあるので、一概には言えないです。

 

ここでの、水に含まれるカルシウム・マグネシウムはミネラルの一種のことで、地下の岩石が長い期間を掛けて
ゆっくり溶け出すことで水に含有されていくものです。

 

日本の場合は島国で、水の底流年数が比較的短いことにより、「硬度」は低くなりやすい、といわれます。
その反対に、ヨーロッパなどの大陸では、日本との環境の違いにより、「硬度」は高くなるのが特徴となります。

 

それで、日本の場合の硬度についての計算は、アメリカの算出基準を採用しており、
「カルシウム濃度(mg/L)×2,5+マグネシウム濃度(g/L)×4,1」という計算式により算出されます。

 

ちなみに、軟水・硬水の分類方法は以下のとおりです。

 

◎硬度100以下・・・軟水
◎硬度101〜300・・中軟水
◎硬度300以上・・・硬水

 

と、一般的な硬水・軟水を分類する目安としての値です。

 

 

日本の名水は、「富士」「京都」が広く知られるところですね。
が、どの場所であっても、日本国内の場合、硬度に違いはあれど、「軟水」に分類されます。
その中には、「硬度20以下」の『超軟水』も存在します。

 

ちなみに、日本茶、赤ちゃんの為のミルクには、『軟水』が最適とされています。
日本の水は日本人にとってベストといえるのではないでしょうか(^_^)。