6種類の飲料水の特徴とは?

6種類の飲料水の特徴とは?

飲料水と一口に言っても、大きく分けて6種類あるという話をご存知でしょうか?

 

1ピュアウォーター
2ナチュラルウォーター
3ナチュラルミネラルウォーター
4ミネラルウォーター
5ボトルドウォーター
6RO水

 

の合計6種類、に分けられます。
それぞれの特徴を紹介していきましょう。水を選ぶ際の参考にしてみましょう(^_^)。

 

 

1ピュアウォーター
水の中に含まれる不純物の一切を完全に取り除いたピュアな水のこと。
ミネラル成分さえも排除されているので、「純粋」と表記されます。

 

2ナチュラルウォーター
水源から採水された原水に、<加熱殺菌><ろ過>『沈殿以外の化学物質処理』を一切行わない水。

 

3ナチュラルミネラルウォーター
特定の水源により採取された地下水で、その中でも、地層のミネラル分が含まれる水。

 

4ミネラルウォーター
3のナチュラルミネラルウォーター同様に特定の水源から採取された地下水。
<加熱殺菌><ろ過><オゾン殺菌><赤外線殺菌><ミネラル分解調整><ブレンド><沈殿>を行った水。

 

5ボトルドウォーター
厚生労働省の食衛生法の、処理方法に限定が無い地下水以外の水道水、蒸留水、河川表流水など。

 

6RO水
『逆浸透システム』という、通称・ROシステムを採用してろ過した水。

 

 

といったように、飲料水には合計6種類あります。
それぞれに、特徴がありますから、今後の水選びの為の参考にしてみて下さいね(^_^)。