ウォーターサーバーって?

ウォーターサーバーって?

少し前までは、『ウォーターサーバー』=業務用 というイメージがあったのですが、現在では一般家庭レベルで
普及が進んでいます。そもそも『ウォーターサーバー』とは、ウォーターサーバーの装置上部に、水の入ったボトル(容器)を
セットすることで、冷水・温水の両方の水を使用可能な「装置」のことを意味します。

 

つまり、『ウォーターサーバー』を一台用意しておけば、冷水、温水を常時使用可能という便利なものなのです。
『ウォーターサーバー』は多くのメーカーが参入しています。お好きな業者と契約し、『ウォーターサーバー』を
自宅に設置することで利用が始まります。

 

そして、契約後は、水を必要な分だけ購入しておけば、あとは自宅に届けてもらえます。
扱う水は、基本的に有名な採水地の天然水が一般的ですから、より安全性の高い天然水を常に利用できる
大きな魅力があります。

 

『ウォーターサーバー』を導入する家庭が増えている理由は、やはり「水の安全性」を重視する時代背景があってのことでしょう。
私達のカラダの60%以上は水分で構成されていますから、当然、より質の高い水を体内に摂取しておきたいと思うもの。
しかも、最近では、健康意識の高まりとともに、水道水を飲む事に抵抗を感じる人が多いのが現状です。

 

そこで、『ウォーターサーバー』が活躍するのです。カラダに優しい天然水をいつでも手に入れられる他、
冷水、熱湯でも利用が可能ですからとても便利なんですよ(^^)

 

『ウォーターサーバー』は、電化製品というジャンル分けがされ、コンセントを挿しておけば、
冷水、温水が常時利用可能となります。

 

「でも、電気料が気になる・・・」と不安な方もいらっしゃるでしょう。
もし、今現在『電気ポット』を常に使用しているのであれば、コスト的にさほど大きな差はありませんので安心してください。
ここ最近は、『放射性物質』などの問題から、『ウォーターサーバー』を導入する家庭が増加傾向にあります。

 

契約をすれば、定期的に水の配達が自動でされますので、ミネラルウォーターを買い物の度に求める必要もなくなります。
それに、水のボトルは重いので、運搬の面倒さからも解放されるメリットが『ウォーターサーバー』の強みです。

 

『ウォーターサーバー』を導入する際、初期費用に関しては、大半の企業は無料に設定しています。
そして、契約解除についてですが、早期に退会する場合は解約料金を支払う必要がありますが、
メーカーが指定する年数を使用していることを条件に無料解除も可能なケースもあります。

 

ちなみに、一年間を通して必要になる費用として、水代、宅配料、サーバーレンタル料、などがあります。

 

が、メーカーにもよりますが、宅配料、レンタル料を無料としている場所もあり、
契約先次第では、とてもおトクな利用が可能となります(^o^)。

 

さらに『ウォーターサーバー』のメンテナンス料に関しては、メーカー次第というのもありますが、
宅配回数、契約期間といった条件により、無料で済むケースもあります。

 

毎日、多くの水が必要、毎日口にする水の品質にこだわりたい、というのなら、
『ウォーターサーバー』は利用価値があるといえるでしょう。

 

高級なイメージが未だ強いのですが、
意外なほど低価格で高品質な天然水を毎日利用な環境を手に入れるチャンスですよ(^O^)。