市販のミネラルウォーターよりウォータサーバーは安全?

市販のミネラルウォーターよりウォータサーバーは安全?

水道水の利用に抵抗を感じる人は「ミネラルウォーター」を購入しますよね?
しかし、ミネラルウォーターよりも「ウォーターサーバー」の方が、安全性の面では、高いといえます。
中身はミネラルウォーターも、ウォーターサーバーも天然水を使用している場合が殆んどですから、
水道水よりも、安全性の面で安心といえるでしょう。

 

しかし、「ミネラルウォーター」は、ペットボトルに入っていることが「問題」です。
「ウォーターサーバー」の場合は、専用のパックや容器を使用しています。

 

夏場、ペットボトルに入ったミネラルウォーターは、一度開けてしまうと、菌が増殖する、と言われます。
冷蔵庫での保存ならまだ良いでしょう。しかし、常温状態でそのままにしておくと、1日で菌が激増します。
菌が増殖した水を口にするのでは、「ミネラルウォーター」は水道水よりもリスクがあると言わざるを得ません。

 

さらに、冷蔵庫でミネラルウォーターを冷やしていたとしても、開封している状態ですから、
菌はそれでも増えていきます。口を付けてしまっている部分も、手が触れる部分も菌が増殖していきます。

 

 

その一方で、「ウォーターサーバー」の場合は、一度設置すると、使用するまで中身に触れることはありません。
菌を増殖させるリスクが無いよう、メーカー独自の配慮がされていますから、天然水を清潔なまま最後まで楽しむ事が出来るのです。

 

さらに、メーカー独自の清潔さを保つ容器、パックを利用しています。
殺菌技術が施されていることにより、菌の増殖を抑えられますし、空気にすら触れさせない構造のものもあります。
こういう事を踏まえると、市販のミネラルウォーター以上に「ウォーターサーバー」は安全性が保たれていると言えるでしょう。

 

さらに、会社でミネラルウォーターのボトルを1本買い、それを社員全員で使用すれば、多くの人の手にボトルが触れるので、
菌が増殖しやすい状態になってしまいます。個別にボトルを購入し、冷蔵庫に入れておくと、冷蔵庫は一杯になりますよね。

 

しかし、「ウォーターサーバー」であれば、安全性は高く、1箇所に設置するだけですから、冷蔵庫も必要ありません。
そして、市販のミネラルウォーター以上に「ウォーターサーバー」は低コストでOKというのも嬉しいですよね。

 

以上の点から、市販のミネラルウォーター以上のメリットが「ウォーターサーバー」に感じていただけると思います。
結果的に現在、「ウォーターサーバー」を導入する企業・家庭が増えているのです(^_^)。