ウォーターサーバーの維持費用は?

ウォーターサーバーの維持費用は?

「ウォーターサーバー」のメーカーの中には、「初期費用・サーバーレンタル料・宅配料金」などの費用を
無料で提供しているところもありますよね。

 

しかし、メーカー側がゼッタイに負担不可能なものがあります。
それが、「維持費用」です。

 

維持費用というのはサーバーをコンセントに繋ぐ時に発生する「電気代」のこと。
「ウォーターサーバー」は、コンセントを繋ぐことで利用可能な装置ですから、電気料金の発生は避けられません。
冷水・温水のいずれも常時使用出来る状態であることから、電気料金が発生するのはどうしても仕方ないこと。

 

この電気代の問題が、「ウォーターサーバー」の利用に踏み切れない主婦さんの大きな理由になっているのも事実。
実際に、「ウォーターサーバーの電気代が・・・」という人は多いんです。

 

ちなみに、「ウォーターサーバー」の平均的な電気料金は、毎月およそ1,000円程度と言われます。
当然、「ウォーターサーバー」の会社が提供するサーバーの構造で電気代は変化するでしょう。

 

しかし、現在では、節電対策を施したサーバーも登場しています。
「ウォーターサーバー」は最近、省エネ対策になっているものが増加しつつあります。
その中には、毎月の電気料金が「¥300」程度のものも。年間にすると7,000円以上の節約になりますね。

 

電気代が高いと思われてはいますが、
毎月の「ウォーターサーバー」の電気代が1000円であっても、電気ポットを使用するよりも経済的な面も。
それに電気ポットの場合は、「熱湯」しか選択できませんし、「ウォーターサーバー」の方が便利といえます。
さらに、「ウォーターサーバー」は天然水ですから、水道水でつくった熱湯よりも、質が良いですし。

 

現時点で電気ポットを利用しながら、ミネラルウォーターを使用している場合、
「ウォーターサーバー」の方が経済的といえるのでは、と思います。

 

また、「ウォーターサーバー」を使用しない時間帯や旅行中などには、コンセントを外しておくことで
電気代が軽減されます。家を空けている間は電源を抜いておく事で、電気代をセーブできます。
「ウォーターサーバー」を使用することで、水道利用も抑えられますので、水道代の節約にもなりますよね。

 

電気代が気になる場合は、メーカーそれぞれのサーバーの電気代の概算を知っておくと良いでしょう。